上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
西暦2035年、「赤道の冬」とよばれる未曾有の異常気象によりクラウド(EM-cloud)と呼ばれる電磁雲で覆われ、既存のエネルギーが消失した世界。人類を救ったのは世界各地で発掘されたオーパーツ「頭像」のオーバーテクノロジーだった。そして、各国が「頭像」を元に巨大ロボットを開発し、新たな世界秩序構築の主導権を賭けた「もっとも賢明なる世界大戦」WWW(Wisest World War)がUN主導で実施される。
(wikipediaより)


続きを読む>>
|
「もし、人間が・・・神さまの力を持ってしまったら・・・。」

大好きだった猫のしーちゃんが死んじゃって一人ぼっちになった花鈴。
一人でも強く明るく生きていこう!!と、決意する花鈴。
そんな時出会った九条和音という少年と、姫香という少女。
美少年(☆ー☆)だけどとっても高飛車(-_-)の和音くん。・・・が、ちょっと気になる花鈴ちゃん。
優しくされたり、冷たくされたり。一人ドギマギ・・・これって恋の予感なの!?・・・揺れ動く乙女心。
しかし、そんな花鈴の思いをよそに、その出会いは花鈴の運命を大きく動かしていく。それは、偶然・・・それとも、必然???
“神さま”の力を司る指輪の秘密をめぐり、今ファンタジーの世界が扉を開ける!!
(公式サイトより)


続きを読む>>
|
神凪和麻は炎術師の名門、神凪家に生まれながら炎術の才をまったく持たなかったために一族を追放されてしまう。4年の月日が流れ、風術師として再び日本の地を踏んだ和麻は神凪の術者の殺害の容疑者にされてしまうのだが…。
(wikipediaより)


続きを読む>>
|
カナダ・プリンスエドワード島に住むエミリー・バード・スターは父を亡くし、ニュームーン農場の地主で母方の実家・マレー家の家長である叔母・エリザベスに引き取られる。エミリーは頑固な叔母と初めのうちは衝突を繰り返すが、やがて家族として互いを尊重し合う仲となって行く。

エミリーは毎晩、村で起きた出来事を書いた手紙を亡父に宛てて綴るようになるが、その枚数が増えるにつれて豊かな想像力を活かしたいと考え始め、やがて小説家を志すようになる。
(wikipediaより)


続きを読む>>
|
平凡な少年だった主人公・日和見日郎(ヒロ)は、不慮の事故で死亡する。

その場に居合わせた少女「姫」によって仮初めの命を与えられ蘇生したヒロだが、それが原因となって凄惨な戦いに巻き込まれることとなる。姫は「怪物」を統べる王族の王女であり、兄弟姉妹達の王位争いの渦中にいたのだ。

「血の戦士」として王女に仕える立場となったヒロは、姫の命を狙って次々と現われる怪物達との戦いを続ける中で、次第に姫の隠れた素顔を知っていく。
(wikipediaより)


続きを読む>>
|
月島きらりは14歳の中2でかなり美人。
大食漢だが礼儀正しい性格の持ち主。
ある日のこと、きらりは町中で人気アイドルグループSHIPSの日渡星司と出会い一目惚れをする。
SHIPSのコンサートに乱入したきらりはステージ上でアイドルになることを宣言する…。
(wikipediaより)
続きを読む>>
|
ケロロ軍曹 2ndシーズンの続編


続きを読む>>
|
星奏学院は音楽科と普通科が併設された伝統ある高校。
普通科2年生の日野香穂子は、ある日、学院に住む
音楽の妖精・リリに見出され「魔法のヴァイオリン」を託されてしまった。
魔法のヴァイオリンを手に権威ある学内コンクールに挑む事になった香穂子だが、
コンクール参加者は、音楽科のエリートばかり。
香穂子を取りまく恋、友情、そしてコンクールの行方は…。
(公式サイトより)

続きを読む>>
|
超大国ブリタニア帝国に支配された日本は今「エリア11」と命名を受け、日本人もイレブンと呼ばれ、誇りさえも超大国の支配下に置かれている。

そんな中、日本国復権と平和の為「黒の皇子」と「白の騎士」が反逆を起こす。
(wikipediaより)


続きを読む>>
|
無機質で閉鎖的な世界「カーム」に住む少年、ゼッドは、「扉や門を壊せば違う世界に行ける気がする」という思いにとらわれて街を破壊して回り、学校や警察から追われていた。
親友のノアは彼を心配するが、彼の事情を知っているだけに何も言えない。
ゼッドの母であるサラは精神を病んでおり、病室で日々を過ごしていた。

そんなとき、ゼッドを追って来た教師が突如豹変し、狂人となってゼッドに襲い掛かる。
それに呼応するように廃人だったはずのサラは正気を取り戻し、得体の知れない力を使って教師と戦う、何が何だか解らないまま、必死で警察から逃げ回るゼッド。
追い詰められたとき、彼のもとに現れたのは、巨大な光の渦だった。
無我夢中で渦の中に飛び込むゼッド。
やがてたどり着いたのは、「シャード」の力を使う能力者「シャードキャスター」が戦う、戦乱の異世界だった……。
(wikipediaより)
続きを読む>>
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。