上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
それは天保十三年の初夏のこと。 江戸の街は、時の老中・水野忠邦の発した天保の改革によって、華やかなるもの贅沢なるものが御法度となっていた。

そんなご時世にも関わらず、玉屋清吉は、まだ誰も見た事が無い程のドでかい花火を作ることを諦めようとはせず、役人から逃げ回りながらの花火研究を続けた。

そんなある夜。人外の青の獣と白の獣が目付黒衣衆によって捕らえられようとしていた。 青の獣は討ち取れたものの、白の獣は清吉の打ち上げた花火が原因で逃してしまった。

次の日の朝。清吉の前に現われた謎の美少女・ソラが、月まで届く花火を清吉に依頼する。 途方も無い依頼ながらも、お定めによって明るさを失いつつある江戸の街に勇気を与えるために、清吉は一世一代の大仕事に立ち上がる。

清吉の住む風来長屋のクセのある住民や弟・駿平の協力で動き始める『月ロケット打ち上げ計画』はいったいどうなる・・・・?
(wikipediaより)


主にmncast.comです。

第1話 大江戸に咲く紅い花火

第2話 男は待っていた

第3話 縁に縛られた銀ノ狐

第4話 ドキドキ無用

第5話 論
スポンサーサイト
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。