上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
『剣神天群雲』(ケンシンアメノムラクモ)が眠る、今は朽ちて誰もその存在を知らない月の社から物語りは始まる…。

まほろばの村にある私立『乙橘学園』に通っている普通の女子学生『来栖川姫子』、学園のアイドル『姫宮千歌音』、姫子に想いを寄せるもう一人の学園のアイドルで幼馴染の『大神ソウマ』の3人は、平穏な毎日を享受していた。

ある日、日食の黒い太陽が照らす中で16歳の誕生日を迎えた姫子と千歌音は、遠い過去に邪神『オロチ』を封印した陽の巫女と月の巫女ということが判明し、オロチの眷属たる『オロチ衆』に命を狙われる。実はオロチ衆であったソウマ自身も覚醒するが、大事な人である姫子を守る為、オロチ衆に叛旗を翻すのだった。
(wikipediaより)


第1話 常世の国

第2話 重なる日月

第3話 秘恋貝

第4話 思い賜うや

第5話 夜闇を越えて

第6話 日溜まりの君

第7話 恋獄に降る雨

第8話 銀月の嵐

第9話 黄泉比良坂へ

第10話 愛と死の招待状

第11話 剣の舞踏会

第12話 神無月の巫女



スポンサーサイト
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。