上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
名立大学に籍を置く平凡な大学生・花菱薫。だが実は、花菱財閥総裁・花菱優二を父に持つ、花菱財閥次期当主となる人間だった。薫の母・本条久美と父・花菱優二とは正式な夫婦関係はなく、そのために薫も母・久美も、周囲からは様々な誹謗中傷を受けてきた。薫が5歳の時に父・優二が他界し、その後は祖父・花菱源一郎(優二の父)から花菱家当主になるための帝王教育を施されるようになった。が、薫はその過酷な環境に耐えられず、母・久美の他界を機に花菱家を出て、一人暮らしを始めていた。

実は薫には、薫を心から慕う女性がいた。

その名は桜庭葵。桜庭呉服店(さくらデパート)の跡取り娘であり、花菱次期当主なる人間と婚約関係を結んでいた女性である。桜庭家と花菱家は様々な交流があり、葵は幼い頃から薫を慕っていたが、薫は葵の気持ちに気づいていなかった。 薫が花菱家を出たことで葵と薫の婚約は破棄され、桜庭家では他の縁談が進められていたが、葵は薫への思いを断ち切れず、薫を追って桜庭家を出てしまった。 互いに跡取りの使命を捨てて巡り会った二人だが、一緒に暮らすにはあまりにも困難な状況だった。が、桜庭呉服店の使用人で葵の後見人・神楽崎雅という唯一の理解者を得て、二人は桜庭の別荘(洋館)で一緒に暮らすことになった。 桜庭のスキャンダルを防ぐため、葵と雅が洋館に、薫が洋館の離れ(使用人の住む寮)に住む事になった。やがて薫が所属する写真部の仲間もこの離れに集まり始め、洋館の離れは彼らのアパートと化してしまった。そのため雅は洋館の管理人、葵はアパートの大家として振舞うことになった。
(wikipediaより)
第1話 縁~えにし~
1/3  2/3  3/3

第2話 夕餉~ゆうげ~
1/3  2/3  3/3

第3話 別離~わかれ~
1/3  2/3  3/3

第4話 同棲~どうせい~
1/3  2/3  3/3

第5話 朋友~ほうゆう~
1/3  2/3  3/3

第6話 家道~かどう~
1/3  2/3  3/3

第7話 幻妖~げんよう~
1/3  2/3  3/3

第8話 愛玩~あいがん~
1/3  2/3  3/3

第9話 一夜~ひとよ~
1/3  2/3  3/3

第10話 学舎~まなびや~
1/3  2/3  3/3

第11話 子女~しじょ~
1/3  2/3  3/3

第12話 接吻~せっぷん~
1/3  2/3  3/3

第13話 星祭~ほしまつり~
1/3  2/3  3/3

第14話 賄~まかない~
1/3  2/3  3/3

第15話 胸懐~きょうかい~
1/3  2/3  3/3

第16話 渚~なぎさ~
1/3  2/3  3/3

第17話 漣~さざなみ~
1/3  2/3  3/3

第18話 同衾~どうきん~
1/3  2/3  3/3

第19話 膝枕~ひざまくら~
1/3  2/3  3/3

第20話 癒~いやし~
1/3  2/3  3/3

第21話 風気~ふうき~
1/3  2/3  3/3

第22話 帰省~きせい~
1/3  2/3  3/3

第23話 決意~けつい~
1/3  2/3  3/3

第24話 葵~あおい~
1/3  2/3  3/3



スポンサーサイト
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。