上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
主人公・進藤ヒカルはごく普通の小学校6年生。祖父の家の倉にあった古い碁盤に血痕を見つけたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士・藤原佐為の霊に取り憑かれる。囲碁のルールも佐為がかつて憑いていた碁聖・本因坊秀策(虎次郎)の強さも知らないヒカルは、「神の一手を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに碁を打つことになる(以降、佐為はヒカル以外には姿も見えず動くこともできない存在であることを前提に話は進む)。

一方、ヒカルと同い年の少年・塔矢アキラは、名人の父・塔矢行洋から英才教育を受けた周囲が一目置く天才エリートだが、碁の道を邁進することに未だふんぎりをつけられずにいた。ある日、碁会所に入ってきた初心者のヒカルと軽い気持ちで対局するが、圧倒的な差を見せつけられ敗れてしまう。生まれて初めて、全力で戦ったのに同い年でしかも初心者の少年に敗れるという悔しさを味わったアキラは、ヒカルの謎めいた強さに疑問を持つと共に、ヒカルに注目していくことになる。

実はアキラが戦ったのはヒカルではなく佐為の方だった。2人の対局するさまを目の前で見ているだけだったヒカルは疎外感を覚え、碁を自分で打てないことをはがゆく思う。その後出会った塔矢行洋の打ちざまに心惹かれたヒカルは、佐為に頼らずに一人で碁を打とうと決心する。佐為もまた、ヒカルのその姿勢に感心し、彼の成長の助力になれることを素直に喜ぶのだった。

この一風変わった物語は、季節も時間も週刊連載に沿ってリアルタイムで進行し、ヒカルの成長とその上で切り捨てなければいけない者たちとの別れを淡々と描き終幕する。
(wikipediaより)
第一局 永遠のライバル
1/3  2/3  3/3

第二局 見抜かれた急所
1/3  2/3  3/3

第三局 牙をむくアキラ
1/3  2/3  3/3

第四局 将棋部の加賀
1/3  2/3  3/3

第五局 覚醒の予感
1/3  2/3  3/3

第六局 美しい一局
1/3  2/3  3/3

第七局 お前とは打たない

第八局 雨の中の策略

第九局 目ざわりな奴!!
1/3  2/3  3/3

第十局 3人目のメンバー
1/3  2/3  3/3

第十一局 最も卑劣な行為
1/3  2/3  3/3

第十二局 三将はお前だ
1/3  2/3  3/3

第十三局 それぞれの決意
1/3  2/3  3/3

第十四局 三度目の対局
1/3  2/3  3/3

第十五局 ネットに潜む棋士
1/3  2/3  3/3

第十六局 saiはだれだ
1/3  2/3  3/3

第十七局 追憶の一局
1/3  2/3  3/3

第十八局 アキラ対sai

第十九局 ヒカルの実力

第二十局 プロへの道

第二十一局 葉瀬中囲碁部

第二十二局 院生試験
1/3  2/3  3/3

第二十三局 幽玄の間
1/3  2/3  3/3

第二十四局 王座VSアキラ
1/2  2/2

第二十五局 恐れとあせりと / 第二十六局 ようこそ一組へ
1/4  2/4  3/4  4/4

第二十七局 時々戻りたい場所
1/2  2/2


スポンサーサイト
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。