上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
白陵大付属柊学園3年生の鳴海孝之は、受験生でありながら特に進路も決まらずにいた。

親友の「平慎二」と「速瀬水月」はそれぞれの目標に向かって頑張っていた。
そんな2人を見て徐々に焦りを感じる孝之だったが、ただ周囲に流されながらダラダラと日々を過ごしていた。

ある日、慎二に付き合って本屋に寄った孝之だったが、そこで同級生の内気な女の子と出会う。

その数日後、夏祭りに呼ばれた孝之と慎二。2人の前に現れたのは、水月と孝之が本屋で出会った女の子、水月の親友である「涼宮遙」であった。
それ以降、水月は必死に遙を3人の輪の中に加えようとするが、孝之は自分を避けようとする遙の仕草に苛立ちを募らせていく。

そんなある日、水月に呼び出され学園裏の丘に向かった孝之だが、待っていたのは水月ではなく遙だった。そこで孝之は突然、遙に好きだと告白される。
ただ彼女を傷つけることを恐れた孝之は、その告白を受けてしまう。

そして運命の歯車が回りはじめる―――。
(wikipediaより)
第1話  第2話

第3話  第4話

第5話  第6話

第7話  第8話

第9話  第10話

第11話  第12話

第13話  第14話


スポンサーサイト
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。