上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|
この時代、太陽系内の移動に亜空間ゲート航法(位相差空間ゲートと説明される)が普及し、人類は土星圏まで進出していた。
だが半世紀前の亜空間ゲート開発の初期、月ゲート爆発事故により飛散した月の破片によって、地球は大きな被害を受け、その後も飛散した破片が落下を続けたため、地球では地表には人々が暮らせなくなっている。
このため人類は他の惑星へ次々に移民して、人類の版図は急激に拡大したが、治安の悪化を招いた。
そこで犯罪者に賞金を掛け、その摘発を公募する賞金稼ぎ制度が採用されている。
結婚詐欺などの小物ではほとんど値が付かないが、並の犯罪者で数万ウーロン、大物では数百万ウーロンが相場である。

ゲートは要所に配置され、ちょうど高速道路の入口・出口と同じように利用されている。
なおゲートを通過する時、料金所で通過する宇宙船から料金を引き落としており、一般ではジャンプジェットと呼ばれる小型の宇宙艇が普及しており、日常的に利用されている。
なおウーロンは太陽系標準通貨で、1ウーロンの貨幣価値は現代の日本で9.8円とされる。

ビバップ号は、この拡大した人類の生活圏の中で、火星周辺を中心に活動している賞金稼ぎの船だ。飛び込んでくる賞金首の情報に選り好みするほどの余裕も無く、日々を行き当たりばったりに過ごしていた。
(wikipediaより)


Session#1 アステロイド・ブルース Asteroid Blues

Session#2 野良犬のストラット Stray Dog Strut

Session#3 ホンキィ・トンク・ウィメン Honky Tonk Women

Session#4 ゲイトウェイ・シャッフル Gateway Shuffle

Session#5 堕天使たちのバラッド Ballad of Fallen Angels

Session#6 悪魔を憐れむ歌 Sympathy for the Devil

Session#7 ヘヴィ・メタル・クイーン Heavy Metal Queen

Session#8 ワルツ・フォー・ヴィーナス Waltz for Venus

Session#9 ジャミング・ウィズ・エドワード Jamming with Edward

Session#10 ガニメデ慕情 Ganymede Elegy

Session#11 闇夜のヘビィ・ロック Toys in the Attic

Session#12 ジュピター・ジャズ(前編) Jupiter Jazz (part1)

Session#13 ジュピター・ジャズ(後編) Jupiter Jazz (part2)

Session#14 ボヘミアン・ラプソディ Bohemian Rhapsody

Session#15 マイ・ファニー・ヴァレンタイン My Funny Valentine

Session#16 ブラック・ドッグ・セレナーデ Black Dog Serenade

Session#17 マッシュルーム・サンバ Mushroom Samba

Session#18 スピーク・ライク・ア・チャイルド Speak Like a Child

Session#19 ワイルド・ホーセス Wild Horses

Session#20 道化師の鎮魂歌 Pierrot le Fou

Session#21 ブギ・ウギ・フンシェイ Boogie Woogie Feng Shui

Session#22 カウボーイ・ファンク Cowboy Funk

Session#23 ブレイン・スクラッチ Brain Scratch

Session#24 ハード・ラック・ウーマン Hard Luck Woman

Session#25 ザ・リアル・フォークブルース(前編) The Real Folk Blues

Session#26 ザ・リアル・フォークブルース(後編) The Real Folk Blues

番外編 よせあつめブルース
1/3  2/3  3/3





スポンサーサイト
|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。